天使に出逢えたキセキ ~二児のママは統合失調症~

自身の統合失調症の半生を綴ります。16才で発症してからの闘病生活、その後の経過から、結婚、妊活、妊娠、出産、子育て、二人目計画、二人目出産、二人の子育て、昔からゆっくりと歩んでいる保育士への夢への道のりも、記録していきたいです。 もう1つのブログ のんびりのんきに生こう 2 現在の日常等を綴っています。 こちらも、興味がありましたら、よろしくお願い致します。 http://yayoi58.hatenadiary.jp/

統合失調症の治療 ~ 両親の支えと見守り ~




統合失調症を16才で発症してから、その後は社会復帰が出来たのですが、アルバイトを転々とした フリーターでした。



アルバイトをしては、再発をして、その後自宅療養。そして、また社会復帰。再発。自宅療養の繰り返しでした。




自宅療養では、私は、ほぼ寝たきりになってしまうのです。



アルバイトで仕事をするだけでも、普通の人の何倍ものエネルギーを使うのでしょうか。



眠るということで、エネルギー充電しているのかもしれません。



患者さんが眠ってばかりということは、良くなる前の兆しなのだと、過去の主治医がおっしゃっていた記憶があります。



確かに、沢山寝た時期のあとは、社会復帰が出来ていました。



アルバイトは、2週間から 2年間と、継続期間に幅がありました。



思えば、私の両親は、眠るのがいちばんの治療方法と聞いていたのか、私の体がありのままに 睡眠を欲した分だけ、寝かせてくれていました。



文句も言わず、愚痴も言わず、安心出来る環境を整えてくれていたのです。





寝てばかりいて、何だ!おまえは、仕事もせずに、いつまでダラダラしている気だ!という家族の言葉があるというのを耳にしたり、目にすることもありましたが、私の両親には、一切ありませんでした。




なかなか出来ることでは、ないのだということを、大分後に気づいたのです。



その瞬間、感謝の気持ちがそれまで以上に溢れてきました。







両親の 温かく、長い目で見守っていてくれた軌跡があったから、今の奇跡もあるのだと思っています。




両親にも、夫にも本当に感謝しています。



夫の支えも、その後とても大きな存在になるのでした。














もう1つのブログ、のんびりのんきに生こう2 とは違い、こちらは書くことに悩みます。



内容をどうしよう、構成はどのようにしていったら良いのか、とか、パッと思いつきでは、あまり書けません。



このブログを書き終えたら、私の伝えたかった、やりたかったブログやケータイ小説は、終われるかもしれません。何度目のチャレンジだろう。



何度も消去したなぁ。。過去のブログ。



小説も、2ヵ所くらいで書かせてもらってます。下手な文章だなぁと恥ずかしくなりますが。。



大したブログではないので、必要な方の目に留まれば、大満足です。



過去に遡り、16才で発症してからの、両親の私への接し方や リハビリ、対策などを書いていけたらと思います。



あとは、読みにくくなりますが、結婚 妊娠も書いていきたいです。




構成が下手ですみません(;_;)




それでは、また更新出来ればと思います。




お読み頂きありがとうございました。



※この記事は、数日前に書いたものを、加筆修正したものです。






↓クリックして頂けると有り難いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村