天使に出逢えたキセキ ~二児のママは統合失調症~

自身の統合失調症の半生を綴ります。16才で発症してからの闘病生活、その後の経過から、結婚、妊活、妊娠、出産、子育て、二人目計画、二人目出産、二人の子育て、昔からゆっくりと歩んでいる保育士への夢への道のりも、記録していきたいです。 もう1つのブログ のんびりのんきに生こう 2 現在の日常等を綴っています。 こちらも、興味がありましたら、よろしくお願い致します。 http://yayoi58.hatenadiary.jp/

統合失調症発症のキッカケは、テニス部のイジメ


統合失調症の発症は、16才。


思えば、小学校の頃から、鬱のような症状がありました。


それまで出来てた計算問題が出来ない、気分が落ち込む。マンガを読む集中力が無いなどです。


私は、大人になり、結婚してから当時の主治医に、もしかしたら発達障がいだったかもしれないと言われました。



広凡性発達障がい かなあ?高機能自閉症かなぁ?と、本を読んで勉強しました。


名称を間違えているかもしれませんが。。



発達障がいの人は、二次障がいとして、鬱や統合失調症等の精神疾患になる事もあるそうです。



けれど、これは療育や良い環境を用意してあげることで、予防出来ると書いてあったのかな?


話を戻しまして、小学校の仲間外れのローテーション頃から鬱症状が出始め、その後中学のテニス部の、ローテーションイジメの頃の躁鬱症状、そして、人生の転機の、高校のテニス部のイジメで、統合失調症を発症してしまいました。



イジメられてばっかりですね。


当時は、私の性格が悪いからイジメられるんだと思ってました。


どんな理由にしても、一対複数のイジメは、卑劣でした。


昔から、友達は、いるものの輪の中に入るのが苦手で、少し浮いた存在でした。


あの人の周りだけ、違う空気が流れている気がする。


と言われ、アホなので、人と違うのは良いことだと思ってました。



今思えば、勘違いのポジティブです。



イジメを受けて、脳から声が聞こえてきて、見えないはずの物が見える。


恥ずかしながら、偉人妄想と言うのでしょうか?


私はマザー・テレサの生まれ変わりだと思ってました。



んなわけない。


私が生まれた頃、マザー・テレサは生きていました。



憧れが強かったからでしょうか。



自意識過剰な妄想でした。



発症のキッカケは、イジメ続けられた事。



今も尚、苦しんでいるこの病。



イジメは、犯罪。



切に思います。










お読み頂きありがとうございました。




↓クリックして頂けると有り難いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村