天使に出逢えたキセキ ~二児のママは統合失調症~

自身の統合失調症の半生を綴ります。16才で発症してからの闘病生活、その後の経過から、結婚、妊活、妊娠、出産、子育て、二人目計画、二人目出産、二人の子育て、昔からゆっくりと歩んでいる保育士への夢への道のりも、記録していきたいです。 もう1つのブログ のんびりのんきに生こう 2 現在の日常等を綴っています。 こちらも、興味がありましたら、よろしくお願い致します。 http://yayoi58.hatenadiary.jp/

高1で、統合失調症発症してからの奇行

テニス部を辞めた私は、統合失調症(当時精神分裂病)
陰性症状である、感情鈍麻、意欲の低下、集中力の低下が起きていました。



その前の陽性症状では、幻聴、幻覚が見えて、自分でも訳判らない行動を起こしていました。



暴力等は無く、脳が疲れて混乱している感じです。



台風がキター!と言って、晴れてるのにカーテンを勢いよく閉めたり、夜中に後輩に電話をかけたことも。



後輩さんも、迷惑な話です。。ごめんね。



TVの言ってることが、自分の身の回りで起きた出来事を話してる!と思っていた事もありました。



ベランダから、女が男で、男が女って何なんだー!!って叫んだことも。。



それこそ、何だそりゃです。



まだ自分の中の伝説はありますが、ここら辺で。。


そんな奇行を繰り返し、両親もさぞビックリしたでしょう。



このような陽性症状は、おそらく保健センターで出された薬を飲んでから、落ち着いて来たのでしょう。



リスパダールだったと思います。



疲れた脳を休ませる為に、私の症状は陰性症状へと移行するのでした。



高校は、午前中だけ出て、早退して心身を休めるという治療?をしていました。



体調が悪いときは、その授業を休み、保健室へ行って体を休める。



きっと、先生方には、話が伝わっていたのでしょう。



私は覚えていないのですが、いじめていた子達の処分はどうしましょうという話もしたらしいのです。



私は、混乱した中、その子達の未来があるから、退学とか停学とかは、可哀想でしょー!と叫んでいた気がします。



お人好しか!!



はぁ。。泣き寝入りしたのは、後々後悔もしましたが、自分達が裁かなくても、どこかで因果応報があるから。。と、神様にお任せしていたのかな。



あんな仕打ちされてまで、加害者守って、お人好しか。。



考えたら、学校側は、よく対応していてくれたのだと思います。



けれど、そんな学校生活を送っていたから。。



続きは、またにします。



お読み頂きありがとうございました。







↓クリックして頂けると有り難いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村