天使に出逢えたキセキ ~二児のママは統合失調症~

自身の統合失調症の半生を綴ります。16才で発症してからの闘病生活、その後の経過から、結婚、妊活、妊娠、出産、子育て、二人目計画、二人目出産、二人の子育て、昔からゆっくりと歩んでいる保育士への夢への道のりも、記録していきたいです。 もう1つのブログ のんびりのんきに生こう 2 現在の日常等を綴っています。 こちらも、興味がありましたら、よろしくお願い致します。 http://yayoi58.hatenadiary.jp/

父と母の優しい言葉

学校の授業も休む事が多くなり、午後に多かった教科の、化学の単位が足りなくなりました。



単位が足りなくなり、留年の文字が頭に浮かびます。



統合失調症を発症する前は、成績は上の中 位で、良い方でしたが。。



私の脳と体は、疲れきっていました。



学校も、行かなきゃ単位が足りない。。でも、体が動かない。。



制服のネクタイを、ヨロヨロしながら締める。。



その状態を見ていた父が、学校の授業が気になるのは分かるけど、今は体を休める事が先だから。学校は、ムリしなくていい。


と、言ってくれました。



とある朝。



布団の中から出られない。。体が重くて動かない。学校へ行かなきゃと頭では分かっているのに、体が言うこと聞かない。もどかしい。



すると、階段を上る母の足音が聞こえてきました。



私を起こしに来たんだ。。



母は、私の寝ている傍に座り、背中を優しくさすりながら、こう言いました。


ゆい、学校は辞めてもいいよ。ゆいは、神様に人生のお休みをもらおうね。学校は、通信でも夜間でも、行きたくなったらいつでも行ける。
今は疲れた心身を休める時だと思おう。



と言い、私はその言葉を聞いた後、安心した赤ちゃんのように、スヤスヤと眠りについたのでした。。





↓クリックして頂けると有り難いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村