天使に出逢えたキセキ ~二児のママは統合失調症~

自身の統合失調症の半生を綴ります。16才で発症してからの闘病生活、その後の経過から、結婚、妊活、妊娠、出産、子育て、二人目計画、二人目出産、二人の子育て、昔からゆっくりと歩んでいる保育士への夢への道のりも、記録していきたいです。 もう1つのブログ のんびりのんきに生こう 2 現在の日常等を綴っています。 こちらも、興味がありましたら、よろしくお願い致します。 http://yayoi58.hatenadiary.jp/

統合失調症 結婚 2 お付き合い時に、主人に病気のことを伝えたこと。


ブログへのご訪問ありがとうございます。



このブログは、私が統合失調症を発症してから、結婚 妊活 妊娠 二人の子育てまでの経緯を綴っています。



統合失調症の患者さん、ご家族やパートナーの皆さまの参考になれれば幸いです。



本題です。




主人とのお付き合いが始まり、何回目かのデート中、私は車の中で、自分の病気を告白しました。



潜在意識の中で、私は主人を試していたのかもしれません。



これで別れを告げられるなら、それでも良いと思っていた気もします。



自分が統合失調症という病を患っていることを告げました。



すると主人は、



大切なことを話してくれてありがとう。


と言ってくれました。



感動しましたが、短期間だけお付き合いをした人の中にも、そう言ってくれた人がいました。




結局、私の方がその人がダメで、別れを告げました。



主人は、今までの人とは違う感覚があり、お付き合いも一ヶ月位しか続かなかった私が、主人とのお付き合いは、自然に時が流れていきました。



後から聞いた話では、統合失調症の事をネット等で調べてくれていたらしいです。



ネットなんて、偏見や間違った情報もある中、それでも統合失調症の私と居てくれたことは、主人は統合失調症という病気そのものではなく、一人の人間としての私を見てくれているのだと感じました。




統合失調症の私を受け入れてくれたのは、主人だけでは ありませんでした。



それは、またこれから書かせてもらいたいと思います。




それでは、お読み頂きありがとうございました。





↓クリックして頂けると有り難いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村